ふるさと納税って節税になるのか?

ふるさと納税の仕組みについて説明するシリーズですが、前回の記事で書いた、

ふるさと納税の仕組みについて知ってもらう前に言いたいこと
ふるさと納税の仕組みについて知る前に言いたいこと。 このブログを作るきっかけにもなったのですが、やっぱりふるさと納税の仕組みがわかりに...

『ふるさと納税はサラリーマンにとってはほぼ唯一の節税』ということについて、もう少し説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税がなぜ節税になるのか?

ふるさと納税が節税になるって説明をしても、あまりピンとこない方が多いと思います。

ここで思い出してほしいのが前回も書いた、

『通常の「住民税+所得税」に「+2000円」を払うだけで地方の特産品がたくさんもらえる』

というふるさと納税の仕組みの簡単な説明です。

2000円以上の価値がある返礼品をもらうことができれば、2000円を超えた部分を一種の減税分と考えることができると思います。

わかりやすく考えるために住民税のみで考えてみますが、

例えば本来支払う住民税が年間「20万円」として、ふるさと納税を行うとトータルでは「20万2000円」払ったこととします。

でも、ふるさと納税でもらった返礼品の価値が、合計「2万円相当」だとすると・・・・

『20万2000円-2万円=18万2000円』

となって、実質「18万2000円」の税負担で済んだ!

と考えることができます。

少しわかりにくいかもしれませんが、

『嫌でも払う税金の一部で地方の特産品を手に入れる代金を補てんできる制度』

と考えると、ふるさと納税がお得だということがまたわかると思います(^^)