ふるさと納税の返礼品に上限

ふるさと納税の返礼品の上限が総務省から全国の自治体に通告があったとか。

今までは1万円の寄付で4000円ぐらいの価値の返礼品をもらえたのが、今後は寄附金額の3割が上限の目安という通達なので、3000円ぐらいの価値の返礼品しかもらえなくなります。

しかも、寄附金額の割合関係なく、家電などは返礼品としてふさわしくないということで、「自粛」するように各自治体に通達がされています。

以前の記事に書いた、勝浦市の「かつうら七福感謝券」など行き過ぎと見られる返礼品があったことを受けての対応の様子。

勝浦市の返礼品「かつうら七福感謝券」が廃止
「かつうら七福感謝券」、千葉県勝浦市のふるさと納税の返礼品として還元率「70%」の高還元率のため人気だったのですが、廃止となってしまいました...

一応、「自粛」を促すということみたいですが、今まで人気だったパソコンとか家電の返礼品は本当になくなってしまうかもしれません。

ふるさと納税でパソコンや家電をもらう予定だった方は、今のうちに家電の返礼品の扱う自治体とたくさん提携している「ふるなび」あたりでふるさと納税やっておいた方が良さそうです。

ふるなび公式サイト
「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

それにしても、寄附金額に対しての返礼品の価値の割合って、原価と売値のどっちで考えるんでしょうね???

スポンサーリンク
スポンサーリンク