熊本の自治体にふるさと納税で返礼品なしの寄付が20億円

熊本の自治体に去年集まったふるさと納税の寄付の内、20億円が「返礼品なし」を希望するものだったそうです。

>>ふるさと納税 復旧に一役 返礼無し寄付20億円

善意の寄付、ということになると思うのですが、ちょっと違う気もするんですよね。

というのは、返礼品は何も無償で提供されているのではなく、自治体が生産者にきちんと代金を払っているはずだからです。

返礼品を付けるかどうかって、自治体に丸々寄付なのか、熊本の農家などの生産者への間接的な寄付になるかの違いだと思います。

返礼品を用意してくれる生産者への支援になるので、

『「返礼品なし」の寄付が偉い!』

というのは、ちょっと安易な考えですよね。

経済活動の重要性を無視する考え方を持つ人って多いなと思います。

ということで、個人的には「返礼品あり」で熊本の自治体にふるさと納税やっても、全然良いと思います(^^)

[熊本震災] ブログ村キーワード

スポンサーリンク
スポンサーリンク